リビングの松永さんドラマ最終回ネタバレ!原作本の結末との違いはある?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2024年1月から放送がスタートする火曜よる11時火ドラ★イレブン『リビングの松永さん』。

岩下慶子さんによるマンガが原作になってます。

物語は完結してますが、ドラマの最終回の予想や原作本との違いがあるのかを調査してみました!

最終回は、松永さんがシェアハウスから出てミーコと両想いになるところで終わるのではと予想します。

また、原作本との違いはあまりなくシェアハウスの住人なども同じように描かれるのではと考えます。

この記事では、リビングの松永さんドラマ最終回ネタバレや原作本との違いがあるのかを調査してご紹介してます!

\リビングの松永さんの原作本を見る/

目次

リビングの松永さんドラマ最終回ネタバレ!

「リビングの松永さん」は、岩下慶子さんによる心温まる日本の漫画作品です。

物語は、シェアハウスで共同生活を始めた女子高生のミーコが、住人であるカタブツのアラサー男のデザイナー・松永純にひかれていき楽しいシェアハウス生活の中で、松永さんとの距離を少しずつ縮め進んでいく様子が描かれています。

物語には、松永さんの過去の恋人のような存在である小夏や、一緒にアルバイトをしていた凌と素敵な仲間たちが登場し、ミーコとの友情や恋愛関係についてドキドキな瞬間がいっぱい詰まっていました。

ミーコと松永さんの関係は、高校卒業後に進展することになります。

物語は、松永さんがシェアハウスを卒業し、シェアハウスの仲間が送別会を開いてくれ、シェアハウスの仲間たちは笑顔で松永さんを見送ります。

送別会の最後、松永さんはミーコに優しいキスをします。

松永さんはミーコに新しい家の合鍵を渡しました。

その瞬間、ミーコは松永さんの優しさとともに、未来への扉が開かれたような気がしました。

シェアハウスでは新しい住人が入居してきます。

ドラマの最終回の予想は、松永さんとミーコが両想いになってキスをするシーンのところまで描かれるのではと予想します!

リビングの松永さんドラマ原作本結末との違いはある?

マンガ「リビングの松永さん」は12巻まで発売されてます。

12巻は番外編なので、11巻で完了となってます。

リビングの松永さん原作本の結末は?

シェアハウスでの新しい生活を始めた女子高生、ミーコ。

彼女は同じシェアハウスに住む年上のデザイナー、松永純に興味を抱きます。

ミーコはシェアハウスの住人たちと交流しながら、松永さんとの距離をどんどん縮めていきます。

物語では、松永の元カノのような存在である小夏や、ミーコと同じ職場でアルバイトをしていたことがきっかけで近づきつつあった凌との関係など、様々な試練を乗り越えながら、ミーコはついに松永さんと両想いに。

しかし、交際は高校を卒業してからと決まってて、ミーコはその将来に対して不安を感じてしまいます(>_<)

さらに、物語は松永さんがシェアハウスを卒業し、新しい住人が来る場面で締めくくられます。

最後のシーンではミーコが大学を卒業して、松永さんと同棲するシーンまで描かれてるようです。

リビングの松永さん原作本との違いはある?

原作本とドラマの内容にはそんなに違いはないのではと考えます。

ドラマは、ミーコがシェアハウスで暮らし始めるところから始まり、シェアハウスで暮らす住人との日常とミーコと松永さんの恋模様が描かれてると思います。

オトナ男子にキュンとなるときめきシェアハウスラブということで、ケンティがどんなオトナ男子を演じられるのか楽しみですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そして最後に、松永さんがシェアハウスを出て、ミーコをキスをするシーンのところでハッピーエンドで終わるのではと予想します!

まとめ

この記事では、リビングの松永さんドラマ最終回ネタバレや原作本との違いがあるのかを調査してご紹介してます!

最終回は、松永さんがシェアハウスから出てミーコと両想いになるところで終わるのではと予想します。

また、原作本との違いはあまりなくシェアハウスの住人なども同じように描かれるのではと考えます。

ケンティのラブストーリーがかなり楽しみです♡

\リビングの松永さんの原作本を見る/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次